self memo

タグ:web3.0 ( 1 ) タグの人気記事

web3.0こそ本命?

ぷらっと立ち寄ったコンビニで日経TRENDY11月号の表紙が目に入った。
表紙には、"そんなに凄いか?Web2.0 次の「Web3.0」こそ本命だ"と書いてある。

Web2.0なんてバズワードに踊らされたくない、と一瞬躊躇するも、とりあえず購入。

家に帰ってきてパラパラ見た程度だが、案の定書き出しからフィードパスの人が大活躍だ。

フィードパスの人によれば、
人間がインターネットに常時接続をされた状態が実現すれば、次のフェーズに移ったといっていいと思う。リアルとネットの垣根がなくなるのが、次のステップの3.0時代

との事だ。
なるほど、もっともな感じもするが、"リアルとネットの垣根がなくなる"と言われてもピンとこない。
さらに、フィードパスの人は
携帯電話や家電、無線LANのアクセスポイントなど、どこでもつながるような時代になる。携帯電話の常時接続は、バッテリーの問題などが解消されれば、5年くらいで実現するのではないか

と、続ける。

バッテリーより帯域の問題を心配するべきだろう。

具体的にはどんなイメージになるんだ?

人間自身がネットに接続するためにはまだしばらくかかるだろうから、ここで言っている"人間がインターネットに常時接続をされた状態"とは、常時接続された携帯電話を持ち歩いているイメージか。
現在でもメールが届けばPUSHで通知してくれるし、インターネットに接続するのも数秒のタイムラグが発生する程度だ。それが常時接続になったところでのどれほどの変化が起きるというのだろうか。
"常時接続"というキーワードには、ブロードバンド&定額料金という意味も含まれているとしても、あの画面サイズでは限界がある。

では、家電がインターネットに接続されたらどうだろう。
外から冷蔵庫の中身が分かる。ちょっと便利そうだ。
外からエアコンを操作できる。用途不明、既に実現済み?
外からオーディオプレイ。意味不明、実現の必要なし。

ていうか、Web3.0の時代はもっとインテリジェンスに、冷蔵庫の中の食材が、事前に設定しておいた閾値を下回ったら勝手に注文しておくという感じか。

あ!、外からにこだわる必要は無いのか。

オーディオからはレコメンドされた曲が流れ(著作権解決済み)、テレビからもレコメンドされた番組が移り(タイムシフト、著作権解決済み)、冷蔵庫とオール電化キッチンが連携して流行のレシピの中からレコメンドされた料理が自動で作られる。
※なぜかレコメンドに固執してしまう

うーん、便利っちゃ便利だけど、そんなには求めていない未来だ。
ここまで便利な世の中になると、これ以上どこを便利にすれば良いのか考えるのも大変。

とにかく、もっともらしい言い方をしてWeb3.0などを提唱するよりも、まずはWeb2.0って結局なんだったんだ?という問題の後処理をお願いしたい。

日経TRENDY11月号の中の、"Web2.0を理解する基礎用語"には、以下のキーワードが出ている。
- CGM
- フォークソノミー
- APIの公開
- マッシュアップ
- Ajax
- 集合知
- ロングテール

そして、フィードパスのfeedpath(ややこしい)には、これらがふんだんに盛り込まれている(そうだ)。

これほどまでにWeb2.0に精通している?フィードパスの人が立ち上げたサービスが、一体どのくらい流行っているというのだろうか?
この事実が全てなのだろう。

Web2.0を意識してサービスを作るのではなく、楽しく便利なサービスを作ったらWeb2.0だったというのが正しい順序だ。

その辺は、以下のエントリーと自分の考えは近い。
Web2.0とか3.0とか

まずはWeb2.0的なサービスを作らなければと考えている自分の意識改革から始めなければ…。
[PR]
by aratafuji | 2006-10-03 23:37 | レポート