self memo

タグ:抱負 ( 2 ) タグの人気記事

年末年始に考えた

年末に以下のエントリーを読んで、とても同感した。
「はてな」がWeb制作を「ものづくり」と呼ぶことにかなり違和感を感じるのはなぜなんだろう?
※別にはてながどうこうというわけではなく、自分がやっているWebアプリケーション開発という事自体をとても「ものづくり」とは言えないなという意味で。

年始にテレ東で放送していた世界大工王決定戦という番組を見てて、拘り持って家を作っている職人さん達が、何だかとても羨ましく思えた。
※鳶やってた友達に話したら、人前で喧嘩するなんてあんなの職人じゃねーと言っていたが…。

この2つのインプットを通して(はまちちゃん同様)ぼくの中でなにかがハジけた。

よくシステム開発は建築に例えられるが、自社サービスに限った場合、自分がやっている事なんてどっかしらで無料で手に入るパーツを自分の家の庭で組み合わせて、ちょっと外観を飾り付け、少しだけ珍しい家具が置いてあるだけみたいなものだ。
こんなんでは、とても自分は「ものづくり」をしていますと胸を張って言えない。
受託は食いつなぐためにやらざるえないけど、いずれは自社サービスのみで食っていけるようになりたいなんて安易に言っていた自分が恥ずかしい。

当たり前の話しだが、クライアントが他人ならば受託開発であり、クライアントが自分(自社)ならば自(社)サービスになるわけで、システム開発部分でのやること自体は全く変わらないはずだ。

安直に、受託開発はつまらないし大変だから極力避けたい、自社サービスは作ってて面白いからやりたいなんて考えず、お金を払ってでもシステムを作ってほしいと考えているクライアントがいるのであればとことん拘ってシステムを構築し、自分がお金を払ってでも作りたいと思うサービスがあるのであれば、自分自身がクライアント兼請負業者になれば良いんだろうな。

そういう視点で考えると、今まで自社サービスとしてやりたいと思っていた(もしくは作った)サービスの中で、お金を払ってでも作りたいようなサービスがはたしてあったんだろうか…。

とても当たり前の事を書いている気がするが、そんな事も分かっていなかった。

- クライアントが他人ならば受託開発、クライアントが自分ならば自サービス
- どちらもやる事自体は同じであり、品質、モチベーションが変わる事自体が適切ではない
- 自サービスを考える上で、自分自身お金を払ってでも作りたいサービスかどうかという点を基準にする

こんな当たり前の事をしっかりと心に刻み、今年も頑張っていこうと思う。
[PR]
by aratafuji | 2009-01-06 20:45 | つぶやき

コメントを頂いた

前回の記事でトラックバックさせて頂いた社長さん(と思われる方)からコメントを頂いた。

非公開コメントだったので内容は伏せておくが、とても真摯なメッセージだと感じた。

この社長さんのような著名な方と私のような一エンジニアが、数行のテキストとはいえ意見を交わす事が出来るなんて、やっぱりインターネットは素晴らしい!

ウメダモチオイズムのエバンジェリストとして、今後も頑張っていこうと改めて思えた。
Webエンジニアとして、今後も頑張っていこうと改めて思えた。
[PR]
by aratafuji | 2008-11-14 19:03 | つぶやき