self memo

タグ:ジャポン ( 1 ) タグの人気記事

日本人受けするWebサービスの要素

前職の上司だった方と、日本人受けするWebサービスの要素って何だろうと話した機会があったので、その時に考えた事のメモ。

個人的に、以下の3要素ではないかと考えた。
1.習慣化
2.匿名性
3.ゆるい繋がり

1.習慣化
個人的に、ここ1年ほどの間で習慣化した事として、"体重、体脂肪測定"、"家計簿"がある。
"体重、体脂肪測定"は毎回の結果をカレンダーに記述しており、一日でも忘れる(カレンダーに穴が開く)と、とても残念な気持ちになる。
"家計簿"はフリーのソフトウェアを使って付けているが、こちらは1日忘れると、翌日がかなり面倒になるので、極力その日の収支はその日中に入力するようにしている。
これらの作業は、始めた頃こそ意識しないと忘れてしまっていたが、頑張って続けていくうちに、夜風呂からあがったら"体重、体脂肪測定"⇒カレンダーに記述、寝る前⇒"家計簿"という行動が習慣化され、今では決して忘れる事は無くなった。
※覚えていても、面倒だからパスする日もあるが…

上記の例のように、一度習慣化させ、後は無意識に行動させる事が重要ではないだろうか。

自分が関わったWebサービスの中で、この習慣化がうまく働いたと思われる例が2つほどあった。
一つはモバイル向けの懸賞サイトである。
そのサービスはただ単に一日一回リンクが着いたメールが携帯宛に送信されるだけのものだ。
リンクを押すと、何のエフェクトも無しに、98%ぐらいの確率で"はずれ"とだけ表示されるのだが、そのサービスのCTRは70%近くあったと記憶している。
私自身、システム確認用に登録していたのだが、毎日大体決まった時間にメールが届き、リンクを押し、はずれを見て携帯を閉じるという行動が、習慣化されていた。
※時たま"当たり"が出ても、いつもの習慣で携帯を閉じてしまう

もう一つはレシピサイトだ。
こちらのサービスは、毎週月曜日に一週間分のレシピが更新されるのだが、他の日に比べて月曜日のアクセス数は群を抜いていた。
きっと、月曜日にそのレシピサイトにアクセスして、その週の献立を考えるという行動が習慣化されたユーザーの方々が多かったのではないだろうか。

ちなみに、この"習慣化"と"日本人向き"との関連性は不明…。


2.匿名性
個人的には"実名"のメリットを感じているのでとても残念なのだが、やはり日本では"匿名性"を前面に押し出していかないと流行らないのだろうと感じている。
犯罪予告でもしない限りは身元がばれないような安心感を出していった方が、やはりユーザーに受け入れられるのであろう。


3.ゆるい繋がり
多くの人がmixiのガッツリとした繋がりに疲れているのではないだろうか。
mixiで日記を書いているユーザーは、この日記を誰が読んでいて、それを読んだらどう思うかを、多少なりとも考えていると思う。
だからこそtwitterのように、基本は誰も見てないだろうというようなミニブログがある程度受け入れられたのではないだろうか。
2chでいうならば、"この速さなら言える!"というノリである。

twitterのような、自分の友人関係でグルーピングするようなミニブログは腐るほどあるからもう需要は無いかと思うが、他の切り口でグルーピングするようなミニブログはまだいけるのではないだろうか。
※スレッドという要素でグルーピングしたのが2ch、動画コンテンツという要素でグルーピングしたのがニコニコ動画というイメージ
そのグルーピング要素の一つとして位置情報があるかなと考えている。

結論として、上記3要素を満たす、最も日本人向きのWebサービスは、やっぱり2chだったか。


書いているうちに、何だかとっても当たり前の事を書いている事に気付いた。

しかしながら、何か新しいサービスを考える際に、とっても当たり前の事をすっ飛ばして、"こんなサービス面白いかも"、"こんなサービスがあれば便利かも"などと考えてしまう事が多々あるので、自分への戒めの意味で投稿しておく。
[PR]
by aratafuji | 2008-12-09 05:37 | つぶやき