self memo

タグ:インターフェース ( 1 ) タグの人気記事

タッチスクリーンのユーザーエクスペリエンス

同僚が「iPod touch」を自慢げに会社に持ってきていたので、触らせてもらった。
やっぱりすげー。

何がすごいとかでは無く、何かワクワクする。
こんな体験(ユーザーエクスペリエンス)は、久しくなかった気がする。

特に、マルチタッチインターフェースのグウィーングウィーン感が面白い。

昔見た"マイノリティ・リポート的インターフェース"の動画をふと思い出し、改めて見てみた。
やっぱりすごい、マイノリティ・リポート的インターフェース
タッチスクリーンで映画『マイノリティリポート』は現実になる
この動画は何回見ても、面白い。

マルチタッチインターフェースについては、以下のエントリーに詳しく書かれている。
ジェフ・ハン氏のマルチタッチ・インターフェイスがすごい:Jeff Han's Multi-touchInterface
iPhoneをハン氏はどう見てる?
ところでMacWorldでiPhoneのマルチタッチが発表になったとき、みんなが真っ先に思い浮かべたのがハン氏だ。NYタイムズのデイビッド・ポーグ記者もその一人。で、ジョブズ氏にそのことを聞いているんだよねー。彼のブログNYT-Bitsにこの時の話を書いてる。

ポ記者「マルチタッチのスクリーンならジェフリー・ハンという人が2005年8月辺りから大きいのデモってます。彼の作品はご存知ですか?」
ジョCEO「うちは2年半前からやってるんだよ」

実際、アップルのマルチタッチの特許出願はハン氏のデモの1年前、2004年5月6日に遡る(出願の図版はここだよ)。2005年にはマルチタッチ分野のリーディングカンパニーFingerWorksを買収しており、OS Xに導入の噂も。

「アップルはiPhoneにハン氏を雇おうとして失敗した」という情報の真偽をTED主催者が質したところ、ハン氏は

「iPhoneは本当にすごいです。この技術をコンシューマ市場に展開できる企業があるとすればアップルだと、それは僕が常日ごろ言ってきたことだし。もうちょっと大きかったら両手使えるんですけど」

という前向きな答えだった。いい人だなあ。

Appleは、このデモの1年前に特許出願してたのか。
さらに、いち早く製品化してしまうところが、Appleのすごさなんだろう。


日頃業務では、Ajaxだ、Flashだ、などとUIについて考えているが、現状のディスプレイ+キーボード+マウスというIFに囚われている限り、ワクワクするようなユーザーエクスペリエンスを提供するサービスなんて、作れないんではないだろうか…。

なんて、ハードのせいにしてしまいがちだが、ふと使ってみた「モバイルGoogleマップ」iアプリの使いやすさ、楽しさを見る限り、まだまだ工夫の余地はあるんだろーなー。

結局、Apple、Googleはすごいという結論になってしまった…。
[PR]
by aratafuji | 2007-09-27 13:58 | レポート