self memo

タグ:アジャイル ( 2 ) タグの人気記事

『基礎から学ぶチーム開発の成功法則』を読んで

著者の渡辺龍司さん経由で献本してもらい、『基礎から学ぶチーム開発の成功法則』を読んでみた。
a0039958_2226222.jpg


結論から言うと、この本は自分的に大ヒットだった。以下に当てはまる人達にもぜひ読んでほしい。
・エンジニア出身ではないプロマネやディレクター
・プロマネに話が通じなくて困ってるエンジニア
・これからチーム開発を始める新人エンジニア
・私と一緒にアジャイル開発導入を進めてみて何かしっくり来なかった人全て

"はじめに"の中で、以下のような記述がある。
本書の内容は、「スクラムを使おう!」「アジャイルは素晴らしいので即導入だ!」といった趣旨ではありません。スクラムマスターやアジャイル開発で実績を積んでいる読者が対象ではなく、スクラムを導入してみたけどうまくいかなくて、チーム開発手法にはアレルギー的な反応を示すなど、チーム開発導入の前段階で躓いているチームメンバーに対して、まずは基礎部分をしっかり固めましょう!と考えて、本書を執筆しています。
私自身、「スクラムを使おう!」「アジャイルは素晴らしいので即導入だ!」的なスタンスで何度も導入にチャレンジしてきており、その中ではうまくいったケースもあれば、うまくいかなかったケースも多々ある。
うまくいかなかった時のふりかえりでは、以下のProblemがよく上がっていた。
・アジャイル開発のマインド、スクラムの知識不足

そのProblemに対して、以下のようなTryを実施していた。
・最初にアジャイル開発の歴史やマインド、プラクティスに関する勉強会の実施
・実際にアジャイル開発を体験できるようなワークショップの開催

このようなアプローチは、チーム開発経験豊富かつアジャイル開発未経験なエンジニアには正しいアプローチだったと考えている。しかしながら、チーム開発の経験が浅いエンジニアや非エンジニアに対しては必ずしも正しいアプローチでは無かったのかもしれない。この本を読んで、その事に気づいた。

私自身、(試)守破離という考えを好んでおり、まずはスクラムのプラクティスを自分なりに試し、その後に厳密な"守"のフェーズを経れば、自ずとアジャイル開発に対する理解が深まると考えていた。私自身、そのようなステップで理解を深めてきたからだ。
けれどもそれでうまくいっていたのは、事前にうまくいかなかったチーム開発の経験があったからこそだろう。チーム開発の経験が浅いエンジニアは、そもそも今取り組もうとしているアジャイル開発手法との比較対象が無いので、何が利点なのかなどがしっくりきていなかったのではないだろうか。

チーム開発の経験が浅いエンジニアや非エンジニアにはまずこの本を読んでもらい、いきなりアジャイル開発を導入するのではなく、まずはこの本に書いてあるような基礎的なチーム開発から始め、ある程度経験を積んだ後に必要があればアジャイル開発の本格導入に進んでいくべきだった。小規模のプロジェクトであれば、この本に書いてある内容だけで十分かもしれない。

そんな事を考えながらFacebookで色々とつぶやいていたら、営業職の同僚や、昨年まで出向していたベトナム開発拠点のマネージャー等複数の人が興味持って買ってくれたようだ。まさに嬉しい限りであり、今後の社内の変化が楽しみでもある。

それらつぶやきを以下に転載してみる。
今振り返ってみても、大変学びの多い本だった。
このような機会を頂いた、著者の渡辺龍司さん、編集の丸山弘詩さんには大変感謝している。


[PR]
by aratafuji | 2017-01-10 19:27 | レポート

私にとっての越境

この記事はDevLOVE Advent Calendar 2014 「越境」の11/18分の記事です。

●自己紹介
はじめまして。藤村 新(@aratafuji)と申します。
Advent Calendar 初挑戦です。
一昨日で39歳になりました。
現職で9社目(フリーランス含む)でして、出戻りも2回経験してます。
そんなフラフラしている私ですが、ここ2年ほどはアジャイル開発について腰を据えて学び続けていました。

※現職で取り組んできたことは、以下のスライドにまとめてます。
アジャイル開発導入のためにやってきたこと



●私にとっての越境
DevLOVE Advent Calendarに参加させて頂くに当たり、私にとっての越境ってなんだろうと考えてみた結果、頭に浮かんだのが、「アジャイルなオフショア開発」でした。
この越境には以下の2つの意味があります。
  • 国境を越えた開発という意味での越境
  • オフショア開発という、自分にとって未経験な分野に対して挑戦するという意味での越境

●アジャイルなオフショア開発への取り組み
今年の初めにベトナムへ出張し、アジャイル開発やスクラム等についての研修を行なったり、部署内では浸透してきていたスクラムのやり方をそのままアジャイル開発に導入しようと試みましたが、なかなかうまくいきませんでした。
そこで、今一度現場の問題点を洗い出し、その改善施策として考えてみたのが「RFCモデル」という開発モデルです。
RFCモデル」はリーンカンバンを拡張した開発モデルでして、「頑張っても効果が薄い事は諦める」という考えのもと、以下を諦めます。
  • 一度のやり取りでの完成を諦める
  • 精度の高い見積もりを諦める
  • オフショア側での完成を諦める

またリーンカンバンのDoingのフェーズを、
  • Rough:70%程度の完成度を目指す(オフショア)
  • Fill:95%程度の完成度を目指す(オフショア)
  • Closing:完成させる(国内発注者)
の3つのフェーズに細分化したモデルとなってます。
a0039958_15002735.png

※「RFCモデル」については、以下のスライドにまとめてます。
アジャイルなオフショア開発


●越境した結果
上記したスライドをSlideShareにアップロードしてみたところ、色々と嬉しい事がありました。

1.尊敬している方々からコメント頂けた

2.楽天Tech Talkでお話しさせて頂いた

楽天Tech Talkというイベントを主催している川口さんさとりゅうさんからお声がけ頂き、先日お話ししてきました。
a0039958_16011485.jpg
※楽天Tech Talkについては、以下の川口さんの記事をご参照ください
Tech Talk という社内イベントをボチボチと続けている話

3.オフショア大学の勉強会でお話しさせて頂くことになった
以下のようなツイートを見かけたので連絡させて頂いた結果、第51回 オフショア開発勉強会という勉強会でお話しさせて頂くことになりました。

●まとめ
このように一つの境界を越境してみると、何かしらのフィードバックが得られ、その結果自分の世界が変わるという事が往々にしてあると思います。
思い返してみれば、アジャイル開発を学ぼうと考えた時も同じでした。

本を読んでいるだけでは生きた知識が得られないと考え、まずはPMI日本支部が募集していた「アジャイル・プロジェクトマネジメント研究会 立上げプロジェクト」に応募してみました。
幸いにもプロジェクトへの参画を認めて頂き、その会合でアジャイルコーチとして活躍されている木村さんにお会いしました。
木村さんが主催する「アジャイルサムライ横浜道場」に参加させて頂き、そこでCSMCSPOを持っている方々のお話しを聞いて是非自分も研修に参加したいと思い、認定スクラムプロダクトオーナー研修と認定スクラムマスター研修を立て続けに受講しました。
その後もアジャイル、スクラム関連の勉強会やカンファレンスに参加することにより、少しずつ"生きた知識"を得ることができ、その知識を活かすことによって所属する部署にも変化が現れ始めました。
a0039958_16220591.png
私自身越境しようと思う時は、とても億劫な気持ちになり、可能な限り変化したくないと思ってしまうのですが、その気持をグッと抑え、勇気を出して越境してみた結果、とても良い方向に自分の世界が変わってきたと感じています。

40歳も近くなり、今まで以上に越境する事が億劫になってくると思いますが、越境した先にはより良い世界が必ず待っていると考え、今後も越境し続けていきたいと考えています。

[PR]
by aratafuji | 2014-11-18 00:00 | つぶやき