「ほっ」と。キャンペーン

self memo

<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『基礎から学ぶチーム開発の成功法則』を読んで

著者の渡辺龍司さん経由で献本してもらい、『基礎から学ぶチーム開発の成功法則』を読んでみた。
a0039958_2226222.jpg


結論から言うと、この本は自分的に大ヒットだった。以下に当てはまる人達にもぜひ読んでほしい。
・エンジニア出身ではないプロマネやディレクター
・プロマネに話が通じなくて困ってるエンジニア
・これからチーム開発を始める新人エンジニア
・私と一緒にアジャイル開発導入を進めてみて何かしっくり来なかった人全て

"はじめに"の中で、以下のような記述がある。
本書の内容は、「スクラムを使おう!」「アジャイルは素晴らしいので即導入だ!」といった趣旨ではありません。スクラムマスターやアジャイル開発で実績を積んでいる読者が対象ではなく、スクラムを導入してみたけどうまくいかなくて、チーム開発手法にはアレルギー的な反応を示すなど、チーム開発導入の前段階で躓いているチームメンバーに対して、まずは基礎部分をしっかり固めましょう!と考えて、本書を執筆しています。
私自身、「スクラムを使おう!」「アジャイルは素晴らしいので即導入だ!」的なスタンスで何度も導入にチャレンジしてきており、その中ではうまくいったケースもあれば、うまくいかなかったケースも多々ある。
うまくいかなかった時のふりかえりでは、以下のProblemがよく上がっていた。
・アジャイル開発のマインド、スクラムの知識不足

そのProblemに対して、以下のようなTryを実施していた。
・最初にアジャイル開発の歴史やマインド、プラクティスに関する勉強会の実施
・実際にアジャイル開発を体験できるようなワークショップの開催

このようなアプローチは、チーム開発経験豊富かつアジャイル開発未経験なエンジニアには正しいアプローチだったと考えている。しかしながら、チーム開発の経験が浅いエンジニアや非エンジニアに対しては必ずしも正しいアプローチでは無かったのかもしれない。この本を読んで、その事に気づいた。

私自身、(試)守破離という考えを好んでおり、まずはスクラムのプラクティスを自分なりに試し、その後に厳密な"守"のフェーズを経れば、自ずとアジャイル開発に対する理解が深まると考えていた。私自身、そのようなステップで理解を深めてきたからだ。
けれどもそれでうまくいっていたのは、事前にうまくいかなかったチーム開発の経験があったからこそだろう。チーム開発の経験が浅いエンジニアは、そもそも今取り組もうとしているアジャイル開発手法との比較対象が無いので、何が利点なのかなどがしっくりきていなかったのではないだろうか。

チーム開発の経験が浅いエンジニアや非エンジニアにはまずこの本を読んでもらい、いきなりアジャイル開発を導入するのではなく、まずはこの本に書いてあるような基礎的なチーム開発から始め、ある程度経験を積んだ後に必要があればアジャイル開発の本格導入に進んでいくべきだった。小規模のプロジェクトであれば、この本に書いてある内容だけで十分かもしれない。

そんな事を考えながらFacebookで色々とつぶやいていたら、営業職の同僚や、昨年まで出向していたベトナム開発拠点のマネージャー等複数の人が興味持って買ってくれたようだ。まさに嬉しい限りであり、今後の社内の変化が楽しみでもある。

それらつぶやきを以下に転載してみる。
今振り返ってみても、大変学びの多い本だった。
このような機会を頂いた、著者の渡辺龍司さん、編集の丸山弘詩さんには大変感謝している。


[PR]
by aratafuji | 2017-01-10 19:27 | レポート