「ほっ」と。キャンペーン

self memo

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

出会い系サービスを考えてみた

出会い系サービスを考える機会があったので、必要だと思う要素を自分なりに考えてみた。

結論としては、以下の8点が重要なのではないだろうか。

1.マッチングの精度
2.アクションを起こすと、期待以上のレスポンスが得られる事
3.ノイズ(出会いたくない人)を混ぜない
4.参加する事への疚しさを排除
5.遊びの要素も必要
6.リアルタイム性が重要
7.インターフェースはシンプルに
8.目的毎に分ける

1.マッチングの精度
一番重要な事は、マッチングの精度であろう。
詳細なプロフィールを登録してもらい、ただ単に検索出来るようにしたところでうまくいくとも思えない。
レコメンドのアルゴリズム(協調フィルタリング、ベイジアンネットワークとか)や、行動ターゲティングの仕組みとかを組み合わせて、マッチングの精度を高める事が重要であろう。

2.アクションを起こすと、期待以上のレスポンスが得られる事
アクション(プロフィール掲載、メッセージ送信など)を起こしても、何もレスポンスが得られなければ、ユーザーはアクションを起こしてくれなくなる。
あるユーザーのアクションは、別のユーザーのレスポンスにつながるわけだから、その辺りを活性化させる仕組みが必要であろう。

3.ノイズ(出会いたくない人)を混ぜない
クラブでナンパして、"私、音聞きに来てるから~"って言われると凹む。
その場合、音聞きに来てるギャルにとっては、ナンパ男はノイズであるとともに、ナンパ目的の者にとっては、音聞きギャルはノイズなのだ。
※単なる断る口実の可能性も否定できないが…。

4.参加する事への疚しさを排除
かなり前に、電波少年企画のチューヤンプロデュース、"後楽しいガーデン"というイベントに参加した事がある。
完全な出会い系イベントであったが、大盛況だった。
私も、一緒に行った友人達も、そのイベントに参加した事に対して全く疚しさは無い。
※当時の彼女には秘密にしていたが…

ネタ的な楽しさや面白さ、参加する事のロイヤリティを高める等で、疚しさを排除する事も出来るのではないだろうか。

5.遊びの要素も必要
こちらも"後楽しいガーデン"での経験だが、後楽園遊園地内の至る所で数々のイベントが行なわれており、見知らぬ男女が楽しく遊べる工夫がされていたからこそ、かなり面白いイベントになったのであろう。
ただ単に出会いたい者同士を同じ空間に押し込めても、参加者に苦痛を与えるだけだ。

6.リアルタイム性が重要
人間の気分などすぐ変わる。
出会いたい!と思っても、"書類を郵送してください"、"プロフィールの承認に1日かかります"とかでは、テンション下がりまくりであろう。
セキュリティが重要な事は言うまでも無いが、リアルタイムでもセキュリティを保てるような仕組みを考える必要がある。
機能としては、マッチした相手とすぐにIMが出来るとかが望ましい。

7.インターフェースはシンプルに
セカンドライフで、見知らぬ外人の女性と話したことがあるが、セカンドライフの複雑なインターフェースにアップアップしていたため、気軽に会話を楽しむ事が出来なかった覚えがある。
一方、以前あったAIM(AOLのIM)の検索機能を使って、見知らぬ外人の女性と会話した時は、かなり楽しく話しこめた覚えがある。
コミュニケーションを求めている者にとっては、仮想空間など不要なのである。

8.目的毎に分ける
同僚に、どんな出会い系サービスが良いですかね?と聞いたら、"すぐに会えりゃいんじゃね?"と言われた。
上記2と同様だが、じっくり恋愛相手を探したいユーザーにとって、この同僚はノイズ以外の何者でもない。
じっくり恋愛相手を探したいユーザーと、この同僚をマッチさせない仕組みが重要であろう。


まあ、ウダウダ考えてはみたものの、どれも当たり前の事か。
個人的には"後楽しいガーデン"のような体験をWebサービス(+ リアル)で実現してみたい。

彼女のいる自分にとっては不要なサービスだけど…。
[PR]
by aratafuji | 2008-04-19 17:27 | レポート

「春のMySQL祭り2008」に行ってきた

先日、MySQLのセミナー(春のMySQL祭り2008)に行ってきた。

全体的に、Sunの宣伝のような内容で、ぜひMySQL Enterprise Server(有償)の契約をして下さいというような感じ。
この辺りは、かなりOracle化してきた印象を受ける。

カイ・アーノさんという、MySQLのコミュニティ担当の方のお話しは、MySQLがとてもコミュニティを大切にしているという雰囲気が伝わってきて、好感が持てた。

MySQL社は、ほぼ全ての社員をコミュニティから採用しているそうだ。
社員全員MySQL大好きマニアなわけだから、そりゃうまく回るだろう。

うちの会社も思い切ってオープンソースにし、コミュニティを形成してみたらどうだろうか。
だめか…。


特別ゲストで日本MySQLユーザ会の人もプレゼンをしていた。
Sunへの要望をほのぼのと聴衆に訴えていたのだが、こちらに言われてもどうしようもない。

Sunの社長、MySQLの社長等と同じ場でほのぼの話せば話すほど場違い感が増し、少しかわいそうに感じた。


そんな感じのセミナーだった。
[PR]
by aratafuji | 2008-04-11 18:34 | レポート