self memo

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Webも中立で民主的なメディアにはなれない

以下のエントリーを読んだ。
“ネットらしさ”の先に――CGM的民主主義

全10回に渡る"CGMとは"というテーマのエントリーのまとめとして、以下の記述がある。
私の希望的観測
 今のCGMは玉石混交の世界です。希望的観測を言うと、今後は、新たな手法や技術により、玉と石が選別できるようになり、その結果、誰もが自由に発言し、それらが集合体になるもとで、真に中立で民主的なメディアが現れるでしょう。

 CGMプラットフォームに人類の全ての知恵が集まり、1つ1つが知恵のブロックのような役割を持ち、それらは組み合わせによって多様な目的をもったメディアが形成されていくでしょう。

この部分にはどうも共感できない。

エントリー内で著者は、CGMの良い例としてOSS(オープンソースソフトウェア)とWikipediaを取り上げているが、そもそもこれらは"皆"が作り上げた物ではない。
極一部の優秀な人達によって作られた物だからこそ素晴らしい物なのだ。

Wikipediaに関しては以下の調査結果がある。
閲覧者の94%が「信頼できる」、オンライン百科事典ウィキペディア
多くの人が信頼を寄せるウィキペディアだが、やはり実際に編集したことがあるユーザーは少ない。「編集したことがある」人は閲覧経験者の4.26%(21人)にとどまり、これは全体のわずか1.98%だ。誰もが自由に書き込めるという特徴を活用しているのは、現在のところごく一部のユーザーのみである。

ただ、これでも書き込みユーザーは増えているようだ。日本版は4月9日に20万項目を達成、項目数が2005年10月24日の15万から今回の20万に増えるのに要した日数はわずか129日。5万から10万に要した日数が261日、10万から15万に要した日数が255日であることを考えると、閲覧者の増加とともに、書き込みも倍のペースで増加している。 ウィキペディアは、ユーザー参加、集合知の利用という観点から Web2.0 サービスともいわれる。今後は書き込みユーザーの増加からも目が離せない

書き込みユーザーが増えているとはいえ、やはりWikipediaを作り上げているのは極一部の優れた人達だ。
個人的には皆がWikipediaに書き込むようになったら、逆に品質は下がるのではないかと思う。

また、この著者がオンザエッヂで働いていたのであれば、OSSがいかに優れた人達で作られているか身を持って知っているはずであろう。

CGMが玉石混交である事、今後Web上では今よりもさらに誰もが自由に発言できるようになるであろう事には全く異論は無い。
しかしながら、"皆"がそれぞれ個人の独立した発言をするわけは無く、企業なり個人なりの影響力の大きなメディアに影響された意見を発信するだけであって、いくらそれらの意見を集約したところで"真に中立で民主的なメディア"など出来るはずは無いとしか思えないのである。

著者の経歴を見る限り、そんな事は自分なんかに言われなくても百も承知であろうし、またわざわざ"希望的観測"と前置きされた部分に言及するのも何だとは思ったが、ちょっと引っかかったので自分の意見を書かせて頂いた。
[PR]
by aratafuji | 2006-10-17 01:36 | レポート

web3.0こそ本命?

ぷらっと立ち寄ったコンビニで日経TRENDY11月号の表紙が目に入った。
表紙には、"そんなに凄いか?Web2.0 次の「Web3.0」こそ本命だ"と書いてある。

Web2.0なんてバズワードに踊らされたくない、と一瞬躊躇するも、とりあえず購入。

家に帰ってきてパラパラ見た程度だが、案の定書き出しからフィードパスの人が大活躍だ。

フィードパスの人によれば、
人間がインターネットに常時接続をされた状態が実現すれば、次のフェーズに移ったといっていいと思う。リアルとネットの垣根がなくなるのが、次のステップの3.0時代

との事だ。
なるほど、もっともな感じもするが、"リアルとネットの垣根がなくなる"と言われてもピンとこない。
さらに、フィードパスの人は
携帯電話や家電、無線LANのアクセスポイントなど、どこでもつながるような時代になる。携帯電話の常時接続は、バッテリーの問題などが解消されれば、5年くらいで実現するのではないか

と、続ける。

バッテリーより帯域の問題を心配するべきだろう。

具体的にはどんなイメージになるんだ?

人間自身がネットに接続するためにはまだしばらくかかるだろうから、ここで言っている"人間がインターネットに常時接続をされた状態"とは、常時接続された携帯電話を持ち歩いているイメージか。
現在でもメールが届けばPUSHで通知してくれるし、インターネットに接続するのも数秒のタイムラグが発生する程度だ。それが常時接続になったところでのどれほどの変化が起きるというのだろうか。
"常時接続"というキーワードには、ブロードバンド&定額料金という意味も含まれているとしても、あの画面サイズでは限界がある。

では、家電がインターネットに接続されたらどうだろう。
外から冷蔵庫の中身が分かる。ちょっと便利そうだ。
外からエアコンを操作できる。用途不明、既に実現済み?
外からオーディオプレイ。意味不明、実現の必要なし。

ていうか、Web3.0の時代はもっとインテリジェンスに、冷蔵庫の中の食材が、事前に設定しておいた閾値を下回ったら勝手に注文しておくという感じか。

あ!、外からにこだわる必要は無いのか。

オーディオからはレコメンドされた曲が流れ(著作権解決済み)、テレビからもレコメンドされた番組が移り(タイムシフト、著作権解決済み)、冷蔵庫とオール電化キッチンが連携して流行のレシピの中からレコメンドされた料理が自動で作られる。
※なぜかレコメンドに固執してしまう

うーん、便利っちゃ便利だけど、そんなには求めていない未来だ。
ここまで便利な世の中になると、これ以上どこを便利にすれば良いのか考えるのも大変。

とにかく、もっともらしい言い方をしてWeb3.0などを提唱するよりも、まずはWeb2.0って結局なんだったんだ?という問題の後処理をお願いしたい。

日経TRENDY11月号の中の、"Web2.0を理解する基礎用語"には、以下のキーワードが出ている。
- CGM
- フォークソノミー
- APIの公開
- マッシュアップ
- Ajax
- 集合知
- ロングテール

そして、フィードパスのfeedpath(ややこしい)には、これらがふんだんに盛り込まれている(そうだ)。

これほどまでにWeb2.0に精通している?フィードパスの人が立ち上げたサービスが、一体どのくらい流行っているというのだろうか?
この事実が全てなのだろう。

Web2.0を意識してサービスを作るのではなく、楽しく便利なサービスを作ったらWeb2.0だったというのが正しい順序だ。

その辺は、以下のエントリーと自分の考えは近い。
Web2.0とか3.0とか

まずはWeb2.0的なサービスを作らなければと考えている自分の意識改革から始めなければ…。
[PR]
by aratafuji | 2006-10-03 23:37 | レポート

SNSとアフィリエイトの相性

GREEの有料オプションに登録すれば、レビュー機能でアフィリエイトが出来るようになるらしい。
GREE、有料オプション「GREEプレミアム」開始。アフィリエイトも可能に
グリー動き出す
同じ本付いてる各レビュー毎に、購入リンクが並ぶんだろうか…。
(GREEのレビュー機能を見た事が無いので、想像だけど)

素晴らしいレビューを書いた人経由で購入するユーザーが実際どの程度いるのか疑問。
また、月額315円の元を取れるレビュアーがいるんだろうか。

SNSとアフィリエイトの相性は一見良さそうだけど、実はあまり良くないのかもしれない。
人と人との繋がりの中に、お金は絡まないほうが良い。

“人助けの気持ち”があれば無報酬でも、「Yahoo!知恵袋」への回答動機を分析
こういう人間の良い部分をうまく利用したサービスが作れると理想なんだけど、なかなか難しい。

一方のmixiはウノウと中途半端に組んだ。
ウノウ、映画専門サイト「映画生活」のニュース記事をSNS「mixi」に提供

どうせならmixiで映画のレビューを書けば、それがhreviewフォーマットで日記内に表示され、ウノウボットがmixi内のhreviewフォーマットをクロールし、レビューを集約できるところまでやって欲しい。

ちなみにグリーは半年前にウノウと組んでた事を今知りました。
グリー、ウノウと提携--GREEで1万作以上の映画レビューが可能に

ウノウ頑張ってるなー。

この調子でmicroformatsの普及を進めて欲しい。
[PR]
by aratafuji | 2006-10-03 00:48 | レポート