self memo

「Web 標準セミナー」にて考えたデザイン不要論

本日、アップルジャパン主催の「Web 標準セミナー」に行ってきた。
概要は以下の通り。

━━━━━━━━セミナー概要━━━━━━━━
第一部(13:30-16:30)
講 師:益子貴寛(株式会社サイバーガーデン 代表取締役)
Website: http://www.cybergarden.net/
1. Web標準とは何か
2. Web標準とXHTML+CSS
3. Web標準とブラウザ
4. Web標準と制作ワークフロー
5. Web標準のメリット -ケーススタディ-
・クロスブラウザ表示の実現
・アクセシビリティの向上
・SEO効果の向上
6. Webサイトの品質保証とソースコードの検証
7. ソースコード検証ツールの紹介
8. ブラウザやツールを品質保証に活かす方法
9. 質疑応答

第二部(16:45-17:30)
講 師:アップルジャパン株式会社ワールドワイドデベロッパリレーションズ 永松正人
1. Safari概要
2. Safariと標準
3. Safariのデバッグツールの紹介
4. Apple Developer Connectionの紹介

感想を一言で言えば、"ミスマッチ"。

エンジニアの自分は、完全に対象受講者では無かった。
そしてデザイナー、コーダーの方々もまた対象受講者では無かったと思われる。

では誰向けのセミナーだったかというと、"Webマスター"もしくは"Webディレクター"と呼ばれる方々向けだったのではないだろうか。
デザイナー、コーダーの方々の苦労を理解出来ていない"Webマスター"もしくは"Webディレクター"と呼ばれる方々には、ぜひ聞いて頂きたい内容だった。

なお、第一部に関しては、(自分はミスマッチだったが)決して内容が悪かったわけではない。
自己紹介を聞いて知ったのだが、講師の益子貴寛さんという方は、自分も活用させて頂いているWeb標準の教科書の著者であり、知識、経験も豊富な方である印象を受けた。

第二部は、、、。ただの宣伝だったので、割愛。


第一部で印象に残った内容は、クロスブラウザー対応、各種デバイス対応に関してであった。

- 各種ブラウザ(IE,Firefox,safari,netscape)毎に、cssファイルを分けて対応しましょう
- ブラウザの各種バージョン(IE5、5.5、6、7、…)毎に、cssファイルを分けて対応しましょう
- 各種デバイス(screen、プリンター、プロジェクター、Wii、DS、iPod touch、…)毎に、cssファイルを分けて対応しましょう

一体、何種類のスタイルを準備しろと…。

Webデザインのセミナーに出ておいて何だが、
Webデザインってそんなに重要?
そんなにコストかける必要ある?
という疑問が浮かんできてしまった。

デザインにかける膨大なコストを、コンテンツにかけた方が有益ではないのか?

非常にしょぼく、見辛いけど、有益なコンテンツを含むサイトと、とってもおしゃれで、全く内容が無いサイトのどちらが必要かと考えれば、私は間違い無く前者を選ぶ。
私が普段Webを巡回している理由は、おしゃれなデザインを見たいからでは無く、有益な情報にアクセスしたいからに他ならない。

ここは思い切って、コンテンツプロバイダーはXHTMLのみ出力するというのはいかがであろうか。

ブラウザやデバイス側で、(現状よりましな)デフォルトcssを適応してくれればそれで良い。
RSSリーダー程度のデザインであれば、それで十分だ。

リテラシーが高い者は、自分専用のcssを適用させれば良い。

そもそもユーザビリティなんて、人それぞれだ。
万人向けのユーザビリティなんて試行錯誤する暇があったら、肝心のコンテンツに注力するべきであろう。
ユーザーは、自分がもっとも使い勝手の良いcssを全てのサイトのXHTMLに適応させれば、今よりももっとユーザービリティが向上するのではないだろうか。

時代に逆行している気もしないではないが、Webがそんな方向に進んでも良いのではないかと思った。

決して、クロスブラウザー対応、各種デバイス対応が面倒だからこんな事を考えたわけではないと、自分で自分を信じたい…。
[PR]
by aratafuji | 2008-03-18 20:57 | レポート